【Mリーグ2018ファイナル】笑ゥさらりぃまんは欲に溺れない

Mリーグ2018
スポンサーリンク

3/10に行われたMリーグ2018ファイナルシリーズday4。
ターニングポイントとなった一局をご紹介します。
今回の主役はこの人。

笑ゥさらりぃまん、園田賢選手です。

3/10のターニングポイント

第1戦は多井選手が大連荘、しかし前原選手が親の大三元で多井選手を奈落の底に叩き落し、最後は亜樹選手が大逆転という大荒れ。
第2戦はうって変わって終始小場で進んだ中たろうプロが逃げ切り。
そして迎えた第3戦では、勝負所の南場で園田選手がパーフェクトゲームといって過言ではない圧巻の内容で逆転トップ。
麻雀の醍醐味をこれでもかと見せつけてくれた1日でした。

そんな本日のターニングポイントは、第3戦の南2局。
園田選手の親番を2局取り上げたいと思います。
1局ちゃうんかい!と言う感じですが、それほど内容の濃い試合でしたのでご容赦ください。

南2局

南2局を迎えての点棒状況は以下の通り。

トップまで1万点、ラスまでも満貫差の2着と、ここからの展開次第でトップもラスもありえる状況です。
ここで白鳥選手がお手洗いへ。
少しインターバルを挟んで、園田劇場が開幕します。

まずはトップ目の高宮選手、この半荘2着目、トータルでも首位の園田選手の親を蹴る仕掛け。

自風の北をポン、3mをチーして47pの聴牌。

更に赤5pと振り替わって打点も3900にアップします。
しかしこの5p手出しが傷となります。
それに対し、親の園田選手。

ドラの4mをツモってテンパイ。
ノータイムで3pを切ってリーチします。

見事に当たり牌の7pを止めての選択。
ポイントは最終手出しの5pと、滝沢選手が切った3pをチーしていない事
47pは大本線ということで3p切りリーチとなりました。

追いつかれた高宮選手。

無情にも当たり牌の6pを掴んでしまいます。
悩む高宮選手。

親の園田選手は2pを早くに切っていて3p切りリーチ。
カン6pは本線と言えます。
しかし自分は3900の両面テンパイ。
これを上がり切れればトップが近づく・・・
雀頭の南が現物なので回る事はできるが、どうするか・・・

 

 

高宮選手の選択は6pツモ切り!

 

 

 

 

欲に溺れた高宮選手から6pを打ち取り、裏も乗って7700のアガリとなります。

もし赤5pをつもぎっていれば、7pが出たかもしれない。
6pは押しすぎだったかもかもしれない。
痛恨の放縦に高宮選手は何を思うのか・・・
園田選手がトップ目に立ちます。

南2局1本場

続く1本場、続いて園田選手の前に立ち塞がったのは、トータル2位の風林火山、滝沢選手。

1枚目の9sをポン。
少し遠いながらも、周りをけん制しつつ一色手に向かいます。

その後白を重ね、3sをチーしてテンパイ。

白と5sのシャンポン待ちに取ります。
これを受けて園田選手。

ドラの7mを重ねて七対子ドラ3のテンパイ。
しかし出ていく牌は5s生牌の白
出あがり12000、ツモ6000オールのこの手はトップを決定づけるのに十分な打点。
しかし滝沢選手は3sチー、手出し7sでテンパイ濃厚。
更に白鳥選手が6sを通していて、通っていない字牌は白と南の2種類のみ。
5sと白の危険度は超高確率。
打点の欲に溺れるか、回避するか・・・

普段はノータイムに近い打牌を繰り返す園田選手ですが、ここは時間を使います。
身を乗り出して、どちらを切るか、もしくは降りるかの決断をする根拠を探します。

 

 

園田選手は、静かに6pを切りました。
1分ほど時間を使って長考していたため、相当テンパイを取りたかった事がうかがえます。
しかし、欲に溺れずテンパイ取らず。

先ほどの局の高宮選手とは、対比的に映りました。
対局後のインタビューで、「我慢がききました」と振り返った園田選手。

南3局でも親の白鳥選手からリーチに、当たり牌を持ってきてオリ。
一度はトップ逆転されるも、オーラスに1000-2000をツモって逆転トップ。
我慢に我慢を重ねたからこそのトップでした。

 

自らは欲に溺れず、欲に溺れた者から点棒を取り立てる。
園田選手はまさに麻雀を打つ「笑ゥせぇるすまん」と言えるのではないでしょうか。

 

(当記事の対局画像は、AbemaTV 大和証券Mリーグ2018より引用しています)

コメント