【天鳳攻略】東場は上振れ択を取れ!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介したいと思います。
今回の牌譜はこちら。

場面は東一局。開局してすぐなので、点棒移動はありません。
西家が一つ仕掛けていて、北家から7巡目にリーチがかかりました。
そのリーチを受けて一発目、現物の待ちで聴牌。
自身の待ちは2枚だけで現張りのこの状況、皆さんならどうするでしょうか?

 

今回もタイトルで解答がばれていそうですが、私は追いかけリーチしました!
この思考についてお話したいと思います。

リーチ・ダマ・ベタオリのリスクリワード

今回は、追いかけリーチ・現張りダマテン・ベタオリの3つの選択について、リスクリワードを考えてみます。

本題に入る前に、リスクリワードの考え方についても説明しておきましょう。

リスクリワードとは、選択に対して「うまくいかなかった時のリスク」と「うまくいった時のリワード(メリット)」を天秤にかけて、選択の価値を推し量る考え方です。

麻雀はどんな選択にも裏目が存在します。
そんな裏目の時のリスクと、うまくいった時のリワードについて考え、バランスをとることが麻雀では大事になります。

リスクリワードは、今回のような「押し引き」について判断する時は、ぜひ考えていただきたいものです。
最悪これだけ覚えて帰ってもらえれば十分だと思うので、忘れないようにしてください笑
それでは本題に戻って、3つの選択のリスクリワードについて考えてみましょう!

追いかけリーチのリスクリワード

①リスク
・北家の先行リーチのツモによる失点
・北家の先行リーチへの放銃(一発目に危険牌を切ることも含む)
・他家にが流れたときに切られにくくなる

②リワード
・あがった時の打点が最低5200点(ツモなら8000点~)
・親や仕掛けている西家をおろすことができる

現張りダマテンのリスクリワード

①リスク
・北家の先行リーチのツモによる失点
・北家の先行リーチへの一発放銃
・数巡押すのであれば、その間も放銃抽選を受ける

②リワード
・あがった時の打点は現状2600点(ツモなら4000点)
などの手替わり牌を持ってきた時に、待ち枚数が増える
・ドラのなど超危険牌を持ってきた時に、おりるor回る選択肢がある

ベタオリのリスクリワード

①リスク
・北家の先行リーチのツモによる失点
・流局の際のノーテン罰符による失点

②リワード
・放銃による失点をほぼ防ぐことができる

 

序盤はリスクよりリワードを優先

さて、3つの選択肢のリスクリワードをまとめてみると、1つの事がわかります。
それは、「リスクの高い選択ほどリワードも大きい」という事です。

追いかけリーチはハイリスクハイリターン。
逆にベタオリはローリスクロー(ノー)リターンです。

でもこれって当然ですよね?
ハイリスクローリターンなら、そもそも選択肢に挙がるべきではないです笑

では、ハイリスクハイリターンと、ローリスクローリターンと、その中間択。
どれを取るのが一番いいのでしょうか。

 

さて、ここで皆さんに質問です。
天鳳で重要なラス回避ですが、ラス率の低い人ってどんな人でしょうか?

 

皆さんの答えは何でしょうか?
運のいい人、うまい人、当たりアカウントの人。
色々な答えがあると思いますし、どれか一つが正解という事はないでしょう。

 

私の答えは、「ラス争いをあまりしない人」だと思っています。

そして、ラス争いをしないための方法は、放銃をなるべくしないことではなく、点棒を稼げるチャンスの時にしっかり稼ぐことです。

なぜなら、どんなに放銃を回避しても、被ツモやノーテン罰符で点棒は減るからです。
ラス争いの可能性を下げるためには、自身で点棒を稼ぐ必要があります。

そのためにも、東場ではハイリターンであれば、ハイリスクであっても積極的に攻めましょう!
成功すれば、連帯率が上がりラス率が下がる、最高の状態になります!

逆に1回や2回放銃しても、東場であればまだ巻き返すチャンスは十分あります。
早めに大きな失点をしてしまった場合は、戦略をラス回避に早めに切り替えて、仲間をつくりにくのもありですね!(参照:ラス目の時は仲間を作れ!

データ的裏付け

麻雀は先行有利のゲームとよく言われます。
これは、点棒的に先行した方が多くの選択肢を取ることができるため、と言われています。

また、データの上でもこれは証明されています。
麻雀戦術本「麻雀の2択」によると、

東1局に1000点あがった時の平均順位は2.41
東1局に8000点あがった時の平均順位は1.93
東1局に8000点放銃した時の平均順位は3.02
となっています。
平均順位2.41でも十分強いですが、8000点あがった時の平均順位1.93は驚異的ですね笑
8000点放銃した時は3.02じゃないか!という方、ちょっと考えてみてください。
8000点あがった時の平均順位がざっくり2位。
8000点放銃した時の平均順位がざっくり3位。
この2つのケースが1回ずつあったとしたら、どうでしょう。
平均したら2位と3位が1回ずつで、ポイントプラスですよね。
ここから言えるのは、50%で8000点放銃・50%で8000点のアガリ、という選択肢が東1局にあったら、この選択肢を取るべきという事です。
そして、これはまさに、「ハイリスクハイリターンの選択」ではないでしょうか?
さて、長々とハイリスクハイリターンのススメを書いてきました。
振り返ってみて、この牌姿、リーチはやりすぎだと思います笑
自身の待ちがマックスで2枚だけなので、少しリスク高すぎたかなと思います。
ただ、東場であればリターンの高い選択肢を取った方が有利という事は頭に入れておきましょう。

まとめ

麻雀は常にリスクとリターンを天秤にかけて打牌を選択します。
ラスが罪な天鳳ルールにおいて、南場にリスクを負うのは難しい場面が多いと思います。

しかし、麻雀はリスクを負わないと勝てません。
リスクを負わずに勝てる時は、「運がいいだけ」です。
(もちろん運が悪いと、リスクを負ってもしっかり負けますが笑)

では、いつリスクをかければいいか。
南場にリスクをかけづらいなら、東場しかないですよね。

東場では大きなリターンを狙って、リスクをかけて攻めましょう!
たくさん満貫放銃してひどいラス率になっても、責任は取れませんので悪しからず笑

 

最後に、リーチ判断の牌譜を一つ。

「東場は上振れ択を取れ」ということで当然リーチ!
と思いきや、この打ち手の判断は・・・

ダマテン!
実はこの牌譜、天鳳のMr.鉄強、zeRoさんの牌譜です。

次回はこのzeRoさんの牌譜について考えていきたいと思いますので、お楽しみに!

コメント