【Mリーグ2019】10/3沢崎誠が見せた「読み」と「押し引き」

Mリーグ2019
スポンサーリンク

こんにちは、ごたぷーです!

いやーMリーグ盛り上がってますね!
特に今年は新戦力の方々が大活躍。
Mリーグに新しい風を吹き込んでくれています。

今回の主役は、新戦力の一人のこの人。


©AbemaTV

そう、サクラナイツの大ベテラン、ピンクのユニフォームが似合っているのか似合っていないのか誰にもわからない、沢崎誠選手です。

 

ところで、皆さんは麻雀で「読み」というと、どんな「読み」を思い浮かべるでしょうか。

捨て牌読み、速度読み、人読みetc・・・
一言に「読み」と言っても、色々な「読み」がありますよね。

今回は10/3の2戦目に沢崎選手が見せてくれた、ベテランならではの「読み」と、それを生かした「押し引き」にスポットを当てたいと思います!

南1局

沢崎選手は1戦目から連投となった第2戦。
この東4局、なんと自身の親番で痛恨の少牌。
辛くも放銃は免れたものの、みすみす親番を手放すことになります。

おいおい、おじいちゃん大丈夫か?と多くのの人が思ったのも束の間。
続く南1局でその失敗を取り返すファインプレーが生まれます。

©AbemaTV

6巡目、石橋選手が絶好の単騎でリーチ!
リーチ七対子赤で6400点、裏が乗れば跳満という大物手です。

そして、そのリーチを受けた沢崎選手の手がコチラ。


©AbemaTV

なんとぽっかりが1枚!
幸い一発目は2枚切れのをツモってきたため放銃は免れましたが、もはや時間の問題・・・
次巡をツモってきて・・・


©AbemaTV

 

!?

なんと当たり牌のを止めて、の対子落としを選択!
これには解説の園田プロも「スゲー!スゲー!」と大興奮。

普通字牌はリーチにも通りやすく、すぐに出てしまってもおかしくない、いやむしろ普通はすぐ出てしまう牌です。
にも拘わらずこのが止まった理由。

それは、石橋選手の捨て牌にありました。

 

石橋選手の捨て牌は、

となっており、一枚も字牌を切っていません。
また、リーチ宣言牌も端牌のという事で、
「七対子もあるな」
という「読み」が働いたものと思われます。

しかし100%の根拠があるわけではないので、

・早めにが切られており待ちとは考えにくい
が通ったので待ちはない

という2点から、一旦通りやすいの対子落としで様子見する、という一打です。

実にベテランらしい、相手の手役を読みながらの絶妙な押し引きと言えます。
結局この後沢崎選手はベタオリを選択。


©AbemaTV

その後、石橋選手がツモあがり。
裏ドラも乗って、跳満となります。
沢崎選手にとってみれば、失点は避けられませんでしたが、跳満放銃と跳満ツモられは実に9000点の差。
満貫をあがったに等しいファインプレーでした。

南4局

さて、危機をぎりぎりで回避した沢崎選手。
その甲斐あってオーラスの親番を、僅差の2着目で迎えます。
アガリやめのないルールのため、できれば大物手が欲しいこの場面。


©AbemaTV

沢崎選手はこの配牌から、萬子の一色手へ一直線。
勝負を決定づけるアガリを目指します。

しかしそこに立ち塞がったのは、寿人選手。


©AbemaTV

3着争いもし烈で、自身であがって3着をモノにしようと、得意のリーチ攻勢にでます。

沢崎選手も追いかけるように萬子の混一色聴牌。


©AbemaTV

待ちは
既に打点は十分、ここはダマテンに構えます。

しかし沢崎選手には次々と難問が出されます。


©AbemaTV

次にツモったのは待ちであるのお隣さん、
そう、寿人選手のロン牌です。

さて、ここで私がぱっと考えた選択肢は2つ。

①打の4面張
②打で清一色に移行

この牌姿、寿人選手のリーチがなければ選択肢の①しかないでしょう。
待ちも打点も十分、これ以上ない聴牌と言えます。

しかしここで、寿人選手の捨て牌を見てみましょう。

なんとも異様な捨て牌ですね笑
ここでもまた沢崎選手にはある「読み」が働きます。

それは、全体的に上目の牌が切られていない事
リーチ宣言牌の以外、5より大きい数牌が切られていません。
つまり、「上の三色」が絡んだ牌姿になっている可能性が高いと読めます。
ということは、5より大きい数牌は、かなり危険という事になります。

となると、先ほどの選択肢①の打は何とも厳しい。
しかし、通れば絶好の四面張、押す価値もあるか?というところ。
を通すのが厳しいと感じれば、選択肢②の打で清一色に移行か?

沢崎選手の決断は・・・


©AbemaTV

なんと第3の選択肢、打
先ほどの読みのお話、皆さん覚えてますか?
そう、萬子の「上目」が厳しい、という話でした。

じゃあ何のことはない、「萬子の下を切ろう」という打
先ほどの止めと同じように、相手の手牌を読みながら押し返すこの打
渋すぎます!


©AbemaTV

結果は自らをツモ!
4000オールでトップ目に立つ、値千金のアガリを決めました。

まとめ

結局この見事な押し引きを見せた沢崎選手が逃げ切って、サクラナイツにMリーグ初のトップをもたらしました!

試合後のインタビューでは、


©AbemaTV

「少牌しちゃいました、すいません、てへぺろ☆」
(※てへぺろはフィクションです

と終始笑顔で、まさに好々爺といった雰囲気。
しかしそのベテランの持つ経験値からくる余裕で、少牌の直後にあのファインプレー。

おじいちゃん大丈夫か?と思っていた人の多くが、
このおじいちゃん・・・強い!
と思った一日となったのではないでしょうか。

コメント