【天鳳攻略】リーチ判断は自分と仕掛けの捨て牌をチェックしよう!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳の牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介していきます。
今回のテーマは、仕掛けが入っている時のリーチ判断についてです。

今回の牌譜はコチラ

場面は東3局0本場。
点棒状況は、以下の通り。

①上家(西家):31500点
②自身(北家):27300点
③下家(親):22900点
④対面(南家):18300点

自身は27300点持ちの2着目。
トップ目の上家が仕掛けており、捨て牌はかなり濃い目。
中盤過ぎに、タンヤオ赤ドラの聴牌をしました。

さて、今回も皆さんに問題です。

この手牌、皆さんはリーチしますか?
それともダマにしますか?

私の選択は・・・ダマ!
大体聴牌即リーしている私にしては、珍しい選択です。
今回は、この状況でなぜダマにしたのかについて解説していきたいと思います。

リーチとダマの比較

今回も、リーチした時とダマにした時のリスクリワードを比較していきましょう。

リーチした時のリスクリワード

①リスク
・上家以外のの手牌進行は遅そうで、上家及び山との勝負になりやすい
自身の現物が切られやすくなる

②リワード
・5200→8000以上の打点上昇

ダマにした時のリスクリワード

①リスク
・他家の手牌進行を許す

②リワード
・アガリ率を最大化することができる
で5200→8000の打点上昇

 

この局のテーマは、もちろんこの手をあがって有利なポジションを獲得する事です。
あがるにしてもより高打点であがる事が望ましいので、リーチは有力な選択と言えます。

リーチ判断で重要なのは
「リーチによる打点上昇とアガリ率減少の比較」
です。

基本的にリーチを選択すると、打点が上昇してアガリ率が減少します。
このアガリ率減少分を、打点上昇分で補う事ができるかがリーチ判断のポイントです。

仕掛けが入っている時のリーチ判断

今回は、仕掛けが入っている時のリーチ判断について考察していきたいと思います。

仕掛けが入っている時は基本リーチ有利

最も大きなポイントは、ダマにした時のリスクである、
「他家の手牌進行を許す」
という部分です。

ダマテン選択時は、自身のアガリ牌が切られる可能性が上がると同時に、その他の危険牌も切られてしまいます。
このため、仕掛けが入っている時は自身のアガリ率と仕掛けのアガリ率の両方が高くなります。

つまり、仕掛けが入っている時はリーチをすることによって自身のアガリ率は下がるものの、仕掛けのアガリ率も下げる事ができるので、実質的に自身のアガリ率はそこまで下がりません。

いわゆる「リーチで圧をかける」というやつですね。
親番の時などに特に有効なのは、皆さんも実感があると思います。

このため、仕掛けが入っている時は基本リーチ有利と言っていいでしょう。

ダマが有利なパターン

とはいえ、当然ダマが有利なパターンも存在します。
最もポピュラーなのは、「仕掛けの現張り」の時です。

「現張り」は最もアガリ率が高い聴牌の一つです。
手の内からも場に切られやすく、オリ打ちすらありえます。
極端な話、山に1枚も残っていない待ちでもそこそこあがれる、かなりアガリ率の高い状態です。

このため、リーチを打った時はアガリ率が大きく減少します。
打点の上昇幅が小さいリーチだと、現張りならばダマ有利と言えるでしょう。

この局のリーチ判断

さて、長くなりましたが今回のリーチ判断に話を戻しましょう。

今回は、
・仕掛けが入っている
・打点上昇が5200→8000と大きい
・非現張り
ということで、当然リーチ有利!となりそうです。

ではなぜダマなのか??

それはリーチをした時のもう一つのリスク、
「自身の現物が切られやすくなる」
という点にあります。

この局仕掛けているトップ目の上家。
捨て牌はかなり濃く、聴牌or一向聴といったところでしょうか。

 

ここで突然ですが問題です。
上家の埋まっていない塔子はどこでしょうか?

 

これは、単純に
・上家が切っていない牌
・対面の捨て牌で鳴いていない牌
という2つを考えれば簡単です。

ブロックで言うと、
索子の下・萬子の上・筒子の真ん中
の3つが埋まっていない塔子がありそうなゾーンです。

つまり、この辺が切られると上家は鳴くかあがるかしそう、という事です。
では、ここで自身の捨て牌を見てみましょう。

という、上家の本命牌が並んでいるではないですか!

さて、「仕掛けが入っている時は基本リーチ有利」な理由を思い出してみましょう。
・自身のアガリ率は下がる
・仕掛けのアガリ率も下がる
という2点から、リーチ有利でしたよね?

しかし、今回のように仕掛けが自身のリーチの現張りになりそうな時は、仕掛けのアガリ率は下がらず、むしろあがります。

このため、今回のケースでは自身のアガリ率の減少はそこそこ大きいと言えます

更に、今回は打点の面でもダマ有利です。
リーチによる打点上昇は、5200→8000と2800点の上昇。
これはかなり大きい打点上昇と言えます。

しかし、
・ダマでも5200というミドル打点が確保されている
・8000への手替わり牌が3種類ある
という2点から、
「大きくアガリ率を減少させてまで2800点の打点上昇を見る価値があるかは疑問」
というのが私の考えです。

まとめ

さて、今回の牌譜でダマ有利と結論づけた私ですが・・・

正直、リーチでも全然OKだと思っています笑

今回のように、自身の捨て牌と仕掛けの待ちが「噛み合う」ケースはそう多くありません。
また、これだけ噛み合っていたとしても、リーチを打って上家がおりてくれる可能性がある以上、そこまでリーチをするのが悪い判断とは思えません。

つまり、結局のところ
「仕掛けが入っている時は基本リーチ有利」
というのが結論です笑

ただ、これが南2局だったらどうでしょう。
南2局でこの点棒状況だと、5200のアガリってめちゃめちゃ大きいですよね。
打点上昇よりも、アガリ率をMAXにするダマがかなり有利だと思います。

つまり、「この状況だと微差でダマ」と考えておけば、よりダマ要素の強い局面ではダマ有利という判断ができると思います。

こういった複合的な判断をするためにも、仕掛けの捨て牌は常にチェックするよう心がけましょう!

コメント