【天鳳攻略】ラス目の時は仲間を作れ!

天鳳攻略
スポンサーリンク

Mリーグが終了してしまい、Mリーグを楽しむ当ブログの記事ネタが激減しております笑
そこで今回から、私の天鳳牌譜から天鳳の攻略に役立ちそうな戦術をご紹介しようと思います。

今回は天鳳において非常に重要な、ラス回避の戦術をご紹介します。

場面は南1局1本場。
点棒状況は、以下の通り。

①下家(親):50900点
②対面(南家):25500点
③上家(西家):16200点
④自身(北家):5400点

3着目の先制リーチに対して、断トツの親から追いかけリーチが入ったところです。

自身の手は一通の一向聴。
さて、ここで何を切るのがいいでしょうか?

ベタオリの、形を残しつつ筋の、上家の現物で親にも通りそうなが主な選択肢でしょうか。
私の決断は・・・

形を残さず、ベタオリのを選択しました!
この理由についてご説明していきます。

この半荘での目標

まずは現状の着順から、この半荘の目標を明確にしてみましょう。
現状の自身の持ち点は5400点で、3着目と1万点以上、2着目と2万点以上離れています。

現実的に、この半荘での目標は「ラス回避」になります。
ラス回避のために考えなくてはいけないのは、3着目との点差です。

つまり、この半荘のターゲットは上家。
上家との点差を1万点縮めることが、この半荘の今後の目標になります。

ここで重要なのは、自分で1万点以上稼ぐことが目標ではないという点です。
あくまで上家との点差を縮めるのが目的なので、必ずしも自身であがる必要はないのです。

もう、私の言いたいことは半分以上伝わっているのではないでしょうか笑
今回のように3着目が親リーチに放銃する可能性があるなら、それを待つのも立派な戦略です。

目論見通り放銃してくれれば、1万点も点棒を持っていないラス争いの仲間ができます!

自身の手の評価

とはいえ、自身の手も一向聴。
筋のくらい切って、形を残しつつ聴牌したらリーチするかまた決めるのも一つの手ではないか?
と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、私は今回の場面ではそれは「悪手」と考えています。
それは、自身の手の評価が低いからです。

を切ると、しか受け入れのないリーチのみの一向聴です。
自身の手にドラもなく、受け入れが狭くてまだ一向聴。
次に危険牌が来たら確実にオリになることを考えれば、ここはほぼ当たる事のないですら、切るリスクを冒すべきではないでしょう。

また、を切って例えば次巡を引いた時、追いかけリーチをするべきかも考えてみましょう。
何度もいいますが、自身の手はドラもないリーチのみの愚形待ちです。
現時点でのこの局の最高の結末は、上家が親に放銃することです。
逆に自身が放銃に回れば、そこでこの半荘が終了してしまう可能性すらあります。

メリットとしては、あがれた時に2本のリーチ棒を回収できることがありますが、それを加味しても上家が親に放銃した時の方が点差が縮まりそうです。

であれば、ますますを切ってのベタオリが良さそうですよね。

まとめ

「他人の不幸は蜜の味」なんてことわざがあります。
麻雀は自分があがることも重要ですが、他人の不幸をうまく使うことも一つの戦術です。

普段はげんなりする親リーチですが、今回であれば全力で応援して上家の不幸を願いましょう笑

ラス目になると、自分であがるしかない!ぜんつっぱ!という思考になってしまう人は、結構多いのではないでしょうか。

そんな時は冷静になって、3着目の人に不幸なことが起こる可能性も頭に入れておきましょう。
特に何もしていないのにラス争いの仲間ができている、という事は結構ありますよ!

コメント