【天鳳攻略】ラス目の時は思い切り目立て!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介したいと思います。
今回の牌譜はこちら

場面は南1局1本場。
点棒状況は、以下の通り。

①上家(西家):36300点
②下家(親):25200点
③対面(南家):25200点
④自身(北家):13300点

自身はラス目でドラ色の萬子の混一色を目指したものの、中盤で何向聴かわからないくらいのバラバラ手牌です。
そこで親からが出ました。
皆さんはポンしますか?

今回もタイトルで解答がばれていそうですが、私の選択は当然・・・

ポンしました笑

おいおいポンして間残りの三向聴(バラバラ)で、親からポンするなんて正気か!?と思ったアナタ、今回も最後まで読んでいただけると嬉しいです笑

この局のテーマ

なぜこのがポンなのか、それはこの局のテーマについて話す必要があります。

配牌をもらう前のテーマ

この局が始まる前の点棒状況をおさらいしておきましょう。

①上家(西家):36300点
②下家(親):25200点
③対面(南家):25200点
④自身(北家):13300点

自身はラス目ですが、2着目3着目との差は10000点ちょっと。
まだ焦るような時間ではないですが、できれば少しでも点差を詰めておきたいところ。
この局のテーマは当然「自身が加点して2着目3着目との差を詰めること」です。

配牌をもらった後のテーマ

では、この局の配牌をご覧ください。

ちょーーー悪いです笑
打点もスピードも何もないクソ配牌です。

しかも間の悪いことに、オタ風ですが対子のが1巡目に2枚切られてしまいました。
元々スピードで勝てる手ではないので、この時点でテーマを少し変更します。

次のテーマは「他家に圧力をかけて、他家の邪魔をする事」です。

そこで、ここはをポンしてドラ色である萬子の混一色とトイトイを目指します。

中盤のテーマ

そして中盤を迎えたときの牌姿が、冒頭のものです。

ポンしてもあがり易さはあがっていませんが、とにかく他家に圧力をかけるのがテーマなのでポンします。

そして次巡。

ドラのを持ってきて、打とします。

どうでしょう。
他家から見たら、聴牌か、悪くて一向聴に見えると思いませんか?
実際は三向聴ですが笑

この時点で、テーマは「あわよくば聴牌、全員ノーテンも上々、放銃しない」くらいに下方修正します。

さすがにこの手牌からアガリまで見るのは強欲です。
プレッシャーをかけておいて、安牌を確保しつつ聴牌を目指す事にします。

ブラフは警戒されてなんぼ

さて、この仕掛けですがいわゆる「ブラフ」です。
麻雀は見えない牌が多いので、ブラフが比較的有効なゲームです。
そして、ブラフには2つのコツがあります。

①警戒してもらえる状況で仕掛ける事
②突っ張られたときのリスクヘッジをしておく事
特に①は重要です。
この状況で全員に押し返されたら泣き寝入りするしかありません。
何と言っても三向聴ですからね笑
そして天鳳において、最も警戒してもらえるのはラス目の時です。
これがずばり、ラス目の時は思い切り目立て!という事です。
他家のラス目に放銃したくないという心理を逆手に取って、思い切りブラフをかましましょう!

親には注意!

気を付けなければいけないのは、麻雀には「親」がある事です。
打点が1.5倍になる親番なら、ラス目のこの仕掛けにも突っ張ってくる可能性は十分にあります。

そのため、親の現物は最低でも2枚はキープしておきましょう。
ブラフのコツ②のリスクヘッジ、という事ですね。

今回の局では、という現物2枚があり、安全度の高い字牌も多かったため、親からでもをポンしました。
現物がない状況で手牌を短くするのはリスクが高くなってしまうので、あまりおススメできません。

まとめ

ブラフと聞くと、あがる確率を下げてまでやる意味あるの?と思う方もいらっしゃると思います。
そんな方は、今回の牌譜を思い返してみてください。

この牌姿であがれる確率って、かなり低いですよね。
そんな時は、あがれないにしても得する事を考えるべきです。

そしてそれは、他家のアガリ率を下げる事ではないでしょうか。

 

さて、今回の記事を見てこういう仕掛け、どこかで見た事あるなと思った方はお目が高い!
Mリーガーの鈴木たろう選手がよくやる戦術です。

Mリーガーも使っているブラフ戦術、ぜひ皆さんも使ってみてください!
ただし、きちんとリスクヘッジもしないと痛い目を見るので気を付けてください笑

コメント