【Mリーグ2019】KADOKAWAサクラナイツ 戦力分析

Mリーグ2019
スポンサーリンク

今季から新しく8つ目のチームとしてMリーグに参入したKADOKAWAサクラナイツ。

新規参入からの優勝という桜旋風を巻き起こせるのか?
それとも経験値で勝る7チームに力負けしてしまうのか?

注目度No.1チームと言ってもいいKADOKAWAサクラナイツの戦力分析を行っていきたいと思います!

ドラフト指名選手(以下敬称略)

内川幸太郎
岡田紗佳
沢崎誠

戦力

B

戦力分析

今季から新規参入するKADOKAWAサクラナイツ。
その注目の陣容は、内川・岡田・沢崎の3名となった。
このエース・女流・ベテランというメンバー構成、そして3名とも日本プロ麻雀連盟所属という陣容は、KONAMI麻雀格闘倶楽部と同じだ。
そういう意味では、非常にバランスのいいメンバー構成と言えるだろう。

昨季大逆転でファイナルに進出したKONAMI麻雀格闘倶楽部と同じ構成という事で、ある程度の実力は計算できる。

エースの内川は2018に自身初タイトルとなる十段位を獲得し、他のタイトル戦でも安定した成績を収めている。
ドラフト会議の裏で行われていたリーグ戦では国士無双をあがるなど、今非常にノッている選手だ。
放送対局にも慣れており、ポイントゲッターとして計算できるだろう。

ベテランの沢崎も、経験十分。
「マムシの沢崎」と言われる粘り腰で、大崩れの心配も少ない。
その人柄にも定評があり、チームのまとめ役としても申し分ない。

計算の立つ二人に対して、全く計算できないのが岡田だ。
われめDEポンでは史上初の九蓮宝燈をあがるなど、「もっている」とは言われているが、長いリーグ戦での実力は未知数だ。
サクラナイツの不安の一つと言えるかもしれない。

そしてもう一つ、サクラナイツの不安点。
それは、他7チームが昨季1年間戦った経験を持っているという事だ。
この経験は非常に大きなものだろう。
まずはプレーオフ進出を目指すのが現実的な目標となるか。

キープレイヤー

新規参入のサクラナイツが上位に食い込むために必要不可欠なのは、エース内川の活躍だろう。
沢崎は大ベテラン、岡田は計算できない、そしてチームは3名しかいないという事で、内川の登場機会は相当多くなるだろう。
もしかすると、全試合の半分近くを内川に任せてもおかしくない。
その内川がポイントを稼ぎ出す事ができなければ、苦戦は必至だ。

しかし最近の内川の活躍は目を見張るものがある。
思えば内川がAbemaTVに初登場したのはRTD2017.
ここで内川は8名中断トツの最下位。屈辱を味わった。
しかし、RTD2018では小林に競り負けたものの準優勝。
RTD2019でも決勝に進出し、ここ数年で実力・経験・自信を大きく身に付けた。

また、第一回麻雀プロ団体日本一決定戦での活躍も記憶に新しい。
団体のプライドをかけたこの大会で、内川は32名中堂々2位の成績。
200ptオーバーを叩き出し、所属の日本プロ麻雀連盟の優勝に大きく貢献した。

この活躍に共通するのは、親番での大連荘だ。
親番での連荘と言えば、同団体所属の瀬戸熊直樹の十八番、「クマクマタイム」が有名だ。
しかし内川も本家に負けないような破壊力を見せる。
このため、いわゆる「デカトップ」を取る事の多い打ち手だ。
インタビューでも、「点棒を持っている所から加点するのが持ち味」と話してる。

持ち味である「デカトップ」を量産し、チームに大量ポイントを持ち帰る事ができるか。
これができれば、サクラナイツが今季の台風の目になること間違いなしだ。

コメント