【天鳳攻略】局ごとにテーマを決めよう!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介したいと思います。
今回の牌譜はこちら。

場面は南2局1本場。
点棒状況は以下の通り。
①下家(親):31100点
②対面(南家):30600点
③自身(北家):28300点
④上家(西家):10000点

上位3人点棒が競っていて、上家の一人沈みの状況の4巡目。
上家から出たをチーするか。
皆さんならどうしますか?

 

こんな質問する時点でお察しの方も多いでしょうが、私はチーしました!
この思考について今回はお話したいと思います。

この局のテーマ

少し遡って、この局の配牌はこの通りでした。

この局の最悪のシナリオは、ラス目の上家が親満を放銃して3着終了することです。
(自身が放銃することが最悪ですが、それは避けることにして、それ以外の最悪のシナリオです)
そして、自身の手はドラこそないもののが対子でそこそこスピード感のある手牌です。
そこで私はこの局のテーマを、

「打点は1000点でいいので、スピード重視で親流しをする」

事にしました。

今回、このテーマが正しいかどうかについては議論しません。
お伝えしたいのは、このように「テーマを決めておく事が重要」ということです。

その理由を説明していきます。

局ごとにテーマを決めるメリット

さて、今回ご紹介した牌譜ですが、「チーしない」という方も多いのではないでしょうか?
実は、私は「チーするかどうか」は人それぞれでいいと思っています。
問題は、「チーするという選択肢があったかどうか」です。

 

今回私のこの局におけるテーマは、
「打点は1000点でいいので、スピード重視で親流しをする」
事です。
もしこのテーマに沿って考えるなら、このはチーした方がいいですよね?
例えば、オーラスアガリトップなら、をチーする人は多いはずです。

そしてありがちなのが、は1枚目からポンするけどはスルーする事です。
この選択肢を取ってしまう人は、ちょっと考えてみてください。

なんとなくをスルーして、なんとなくが出たら鳴いていませんか?
それはずばり、局のテーマが決まっていないからです。

逆に言うと、局のテーマを決めていれば最適な選択肢を見つけ出すことができます。

局のテーマは配牌時に決めて、都度変化させる

局のテーマが決まっていないと、最適な選択肢を取れない可能性がある事はご理解いただけたと思います。
そうなれば、局のテーマはなるべく早く決める必要がありますよね。

局のテーマは、必ず配牌時に決めましょう。

序盤のミスが最後まで響くことは、麻雀ではよくある事ですよね。
そうならないためにも、局が始まった最初のタイミングでテーマを決めましょう!
特に、点棒状況・残り局数を考えてテーマを決めると◎です。

 

さて、せっかく決めたテーマですが、毎回テーマ通りうまくいくとは限りません。
今回の牌譜は、この後すぐ対面からリーチがかかります。

元々のテーマは「打点は1000点でいいので、スピード重視で親流しをする」事でしたが、先制リーチを受けては話が別です。

自身の手はまだ役も確定していない一向聴。
この状況では最初に決めたテーマ、「1000点での親流し」は諦めます。

ここでテーマを「リーチをかわしてあがる、もしくは粘ってケーテンを取る」に変更しました。
重要なのは、刻刻と変わる局面に合わせてテーマを変更する事です。

元々スピード重視の手を組んでいたのに、スピードで負けたら方針変更するしかないですよね!

 

①唯一の現物を切っても次の現物がない
②筋のが2枚ある

という2点から、今回はを対子落としすることにしました。
完全安牌ではないので放銃するリスクも少しありますが、テーマはまだ粘る事なので少しリスクを取って形を残します。

しかし、その後親から追いかけリーチが入ります。
こうなってはテーマもへったくれもありません。
強いてあげるなら、テーマは「ベタオリ」です。
共通現物のを切って、流局を願うことにしましょう!

 

さて、今回の牌譜ではテーマが2回変化しました。

「打点は1000点でいいので、スピード重視で親流しをする」
↓↓↓↓↓↓↓
「リーチをかわしてあがる、もしくは粘ってケーテンを取る」
↓↓↓↓↓↓↓
「ベタオリ」

このように、テーマを都度変化させることによって打牌の「根拠」ができます。

打牌の根拠は牌効率や局収支、流れ?等によって決まると思いますが、局のテーマも重要な打牌の根拠になります。

特に残り局数の少ない南場では、局収支的に不利な選択を取る場面が多々あります。
例えば、南3局2着目で2000点両面聴牌の時に、断トツトップ目からリーチがかかった時。

局収支的には押し有利ですが、おりた方が得ですよね?
これはその局のテーマが「2着目を守る事」だからです。

このように、テーマを決めれば打牌の根拠ができ、やることがはっきりします。

南場の押し引きでよく迷う・正解がわからない、という方は南場だけでも局のテーマを決めましょう!

まとめ

皆さんは強い人と打った時、意外と第一打に時間かける人多いなと思ったことはありませんか?

これは別に聞いたわけではないので確証はありませんが、あれはその局のテーマを考えている時間なのではないかと思います。

そして、強い人たちは打牌に迷いがないことが多いですよね!
それは局のテーマをしっかり決めているので、やるべき事がはっきりしているからだと思います。

毎回言っている気もしますが、ふわっと麻雀を打っていても麻雀は強くなりません。
皆さんも局のテーマを決めて、根拠のある打牌を選択しましょう!

コメント