【天鳳攻略】「本手」を「かわし手」にするな!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳の牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介していきます。
今回のテーマは、「本手をかわし手にするな!」です。

場面は南1局0本場。
点棒状況は、以下の通り。

①下家(南家):30900点
②自身(親):27900点
③対面(西家):25300点
④上家(北家):15900点

自身は27900点持ちの2着目。
南発の親番で好配牌です。

3巡目、下家から自身が対子のが切られました。
鳴いてを切れば、早くも一向聴です。

さて、今日も皆さんに問題です。
この、皆さんは鳴きますか?

今回もまた、題名から私の選択はばれていそうですが・・・

もちろんスルーしました!
今回はこの思考について解説していきたいと思います。

鳴いた時と鳴かなかった時の比較

今回は久しぶりに、鳴いた時と鳴かない時のリスクリワードを整理したいと思います。

鳴いた時のリスクリワード

①リスク
リスクはほぼありません。
強いて言うなら、早いリーチに手詰まりやすいくらいです。

②リワード
・スピードが上昇(既に一向聴)し、かなりのアガリ率が見込める
・鳴いてもドラを引けば5800の打点が見込める

鳴かなかった時のリスクリワード

①リスク
こちらもリスクはほぼありません。
十分に面前リーチを狙える手ですし、2枚目のを鳴く選択肢も残っています。

②リワード
・数巡以内にリーチ打てる見込みが高い
・最低打点がリーチ赤1の3900
・手牌の伸び次第では、メンタンピンや三色と更に打点上昇が見込める

 

整理してみると、どちらの選択もほぼリスクはありません。
これだけの良い手ですと、リスクはほぼ考えなくてよく、リワードの比較になります。

さて、先ほどそれぞれのリワードを比較しましたが、端的に言えばこの2つの比較になります。

・鳴いた時
→ほぼあがれる2900or5800
・鳴かなかった時
→そこそこあがれる3900~
局収支については何となくいい勝負のような気がしますが、この二つの決定的な違いは「分散の大きさ」です。
鳴いた時は2900or5800をほぼあがれるでしょうから、分散は小さいです。
逆に鳴かなかった時は、あがれないこともありますが大きな打点上昇をするケースが増え、分散は大きくなります。

半荘の決め手となる手を逃すな!

さて、では分散の小さい中打点と、分散の大きい高打点、どちらを選択するべきでしょうか。

雀風の違いもあるかもしれませんが、私は南一局であれば上振れ択(上振れのある選択)を選択するべきと考えます。

東場は上振れ択を取れ!」の記事でも述べましたが、ラス率を下げる効果的な方法は、ラス争いに巻き込まれない事です。

さて、ここで仮に2900点をあがったとしましょう。
自身は30800点の2着になります。
これで、「この半荘はほぼラスはない」という状態と言えるでしょうか?

ラス目に満貫を打てばすぐラス目のこの状況では、予断を許さないと言えるでしょう。
つまり、「この状況で2900点をあがる価値はほぼない」とすら言えます。
※「ほぼ」ないというのは、他家の大物手を潰せる可能性はあるためです。

逆に、鳴かずに運よく7700点をあがれたとしましょう。
その場合は35600点のトップになります。
これなら、「この半荘はそこそこラスはない」という状態と言えますよね。

更にこの手であれば満貫以上になるケースはかなりあります。
つまり、面前進行で高い手を目指す価値がかなり高い手と言えます。

 

基本的に、3900点以下の打点をあがって半荘の決め手となることはありません。
2900点の手は、「かわし手」です。
そして、この手であれば「本手」を目指すべきです。
この手を2900点で終わらせる可能性を作ってしまう事は、非常にもったいない行為です。

半荘の決め手となる高打点を狙える手の時は、妥協せずに積極的に高打点を目指しましょう!

まとめ

最近鳳凰卓で打っていて、このような手をポンして結果的にドラを引いて2000オールをあがっている人をよく見ます。

その時私は、「その手で2000オールで済んでよかった」と思っています。
2000オールはかなり打点はありますが、この牌姿ならそれ以上の打点をつもられても文句を言えない程の良い手です。

皆さんも、あがった手を見て安心されているようではダメです。
この手をリーチ手順で打って、
「発を鳴かずにリーチしてきたのか、打点が見据えていてこの人のリーチは怖いな」
と思われるような打ち手になりましょう!

コメント