【Mリーグ2018ファイナル】3/2のターニングポイント 復活のリーチ超人

Mリーグ2018
スポンサーリンク

3/2に行われたMリーグ2018ファイナルシリーズの、ターニングポイントとなった1局をご紹介します。

本日のターニングポイント

本日から始まったMリーグファイナルシリーズ。
初日のターニングポイントとなった1局はコチラ。

第2戦の東3局。
第1戦でトップと、幸先の良いスタートを切ったドリブンズ。
しかし、第2戦で起用された村上選手は東1局・2局共にリーチを打つものの、不発。
村上選手はレギュラーシーズンでもリーチ成功率が低く苦戦を強いられました。

「まただめなのか・・・」

村上選手の心の声が聞こえてきそうな展開です。
迎えた東3局。

ドラと赤ドラ内蔵のイーシャンテン!
これはもう上がったも同然やな・・・(フラグ)

そう、この大チャンス手が意外と伸び悩みます。
3巡目に1ピンと4ピンを入れ替えタンヤオを確定させますが、

ツモ7萬であまりうれしくないテンパイ。
選択肢は3つ。
①打5ソーリッチ
満貫以上が確定し、待ちも自分の河で筋になっている6萬と7萬待ちで出あがりも期待できます。
②打5ソーダマ
リーチを打たなくても5200という高打点。
さらに5-8萬引きでの平和変化もあります。
また、親の白鳥プロがピンズの一色手気配、勝又プロが国士気配と、ダマにしていればノーケアで打ち出される可能性が高いです。
③打6萬(7萬)でテンパイ外し
ツモ5-8萬・5-8ソー・4ソー・6ソーで両面リーチを打てる現状のイーシャンテンを維持します。

村上選手の選択は・・・

②のトリダマ。(とりあえずダマ)
現状で出あがり5200点あるので、テンパイに取る価値があると判断しました。

しかし6萬7萬は顔を見せず、親の白鳥選手が2副露して更に打5ピン。

まだイーシャンテンですが、他家からはピンズのホンイツテンパイ濃厚に見えます。
そして11巡目・・・

待望のツモ8萬。
打2ソーでタンピンドラドラの満貫テンパイです。
ピンズのホンイツ濃厚の白鳥選手に注目が集まっている以上、ここは手堅くダマ・・・

\リッチ!/

しかし村上選手は大きな発声でリッチ!
おそらく、この状況でリーチをするのはMリーガーの中で村上選手と寿人選手くらいではないでしょうか。
それくらい、ダマにするメリットの多い局面です。
そんな中で村上選手がリッチした理由はおそらく3つ。

①リーチ超人だから
②跳満おじさんだから
③満貫を上がっても決定打にならないから

つまり、要約すると
「村上淳だから」
です。

村上選手は、勝負手でリーチをしてツモって勝つ。
これが勝ちパターンの選手です。
それはどんな状況でも、どれだけリーチ不発が続いても変わらないのです。


結果、この手ををツモって跳満。
次局もダマで満貫の手をリッチして、つもって跳満。
2局でほぼトップを決定づけました。


結局ドリブンズはこの日3連勝。
2勝をあげたたろうプロの活躍は目を見張るものがありましたが、その間となる第2戦でトップを取ったのは、復活のリーチ超人でした。

レギュラーシーズンからリーチの不発が多く、不調にあえいでいた村上選手がファイナルシリーズの自身開幕戦で見せたリーチ攻撃。
今後のファイナルシリーズでも、大きすぎる声でリッチ!する村上プロは他チームにとって脅威となるのは間違いないでしょう。

 

(当記事の対局画像は、AbemaTV 大和証券Mリーグ2018より引用しています)

コメント