【Mリーグ2018ファイナル】3/2開幕戦ハイライト①

Mリーグ2018
スポンサーリンク

いよいよ本日3/2から、Mリーグ2018ファイナルシリーズが始まりました。
今回は開幕戦3試合のハイライトをお送りします。

第1試合

出場選手

意外なことに、レギュラーシーズンの稼ぎ頭を起用したチームはABEMASのみでした。
一方、多井選手は女流プロとの対戦が苦手とのこと。
これはレギュラーシーズン終盤に大爆発した多井包囲網かもしれません。

試合展開

開幕戦となった第一試合は、たろう選手と高宮選手の壮絶なデッドヒートとなりました。

場が動いたのは東3局。
まずは親の高宮選手が6000オール。

頭一つ抜け出します。
それに待ったをかけたのがたろう選手。

高宮選手とのリーチ合戦を制して跳満ツモ。
トップ高宮選手との差を詰めます。

南場でもたろう選手と高宮選手の一騎打ち。
南1局は高宮選手が亜樹選手から5200のアガリ。
南2局はたろう選手が多井選手から12000のアガリ。

オーラスを迎えての点棒状況は以下の通り。

トップ目のたろう選手と2着目高宮選手の点差は1300点。
供託が2000点あるので、共にあがればトップです。
どちらのチームも喉から手が出るほど欲しい開幕戦のトップ。
まず動いたのは2着目の高宮選手。

親の多井選手の第一打をポン。
形は悪いもののがむしゃらにトップを目指します。
そんな中でのトップ目たろう選手の配牌は・・・

いきなりネックの3萬をつもって盤石のイーシャンテン。
ずるごー改めずるたろうゼウス降臨です。
5巡目に5ソーを引き入れてテンパイ。



西家のたろう選手、北を切れば平和の役ありテンパイ。
しかしゼウスの選択は・・・

なんと5萬切りリーチ!
少し画像からは見にくいですが、親の多井プロの捨て牌に3萬が2枚。
3-6萬の役ありダマよりも、見た目枚数の多い1-4萬に受けてのリーチとしました。
読み通り1萬は全山。
これはゼウスのトップで決まりか・・・?

しかし高宮選手も2巡後にテンパイ!
入り目の5ソーをびしっと切り飛ばします。

奇しくも待ちは1-4萬と4-7萬。
4萬は山にはなく、1萬と7萬の引き合いとなります。
1萬か・・・7萬か・・・

 

 

結果はたろう選手が狙い通りの1萬をつもって決着。
見事ゼウスの選択を決めて、ファイナルシリーズ開幕戦でのトップをもぎ取りました。

勝利者インタビューでは、いつもの無邪気な笑顔を見せてくれました。

第1試合を終えてのポイント

開幕戦トップを飾ったドリブンズが、一気にトータル2位浮上。
一方ラスに沈んだABEMASはトータル4位に後退しました。

 

【Mリーグ2018 ファイナル】3/2開幕戦ハイライト②に続きます。

 

コメント