【天鳳攻略】金持ちと喧嘩するな!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介したいと思います。
今回は珍しく?ラス回避の重要な天鳳において有効な戦術ですので、天鳳ユーザーの方はぜひ読んでみてください!

さて、今回の牌譜はこちら。

場面は南1局2本場。
点棒状況は以下の通り。
①上家(南家):58700点
②下家(北家):17600点
③自身(西家):15800点
④対面(親):7900点

上家が断トツで、3人が10000点以内にひしめき合っています。
現状3着目で、自身の手は3巡目としてはそこそこでしょうか。

さて、皆さんはここから何をきりますか?

私の選択は・・・
おいおい三向聴の手を四向聴に戻すなんて正気か!?と思った方、ぜひ最後まで読んでください笑

この局のテーマ

南場において、局のテーマを決めることが重要だというお話を、以前しました。
(参照:局ごとにテーマを決めよう!

さて、この局のテーマは何でしょうか?

そう、ずばりラス目の親落としです。
ラス目の親に厳しく打つのは、天鳳の基本ですよね!

もちろん2000点以上をあがって2着に浮上できれば最高です。
しかし、最も優先順位が高いのはラス目の親落としという事で、このテーマに沿った打牌をしたいところです。

そんな親落としが重要な局面でなぜわざわざ向聴数を落とすのか?
その秘密は上家の捨て牌にあります。

60000点近い点棒を持っている上家の捨て牌は、
ダブ南から切り出して中張牌が2枚。
相当スピード感のある捨て牌です。

この捨て牌を見て、「親落とし」というテーマは変わりませんが、一つテーマを追加します。
それは、「上家に決して放銃しない」という事です。

当然ですが、上家があがってくれれば「親落とし」のテーマは達成できます。
しかし、その際自身が放銃して点棒を減らしてしまえば、その価値は半減です。

上家の捨て牌的に、2~3巡以内にリーチがかかってもおかしくない捨て牌です。
そこで、今回は現物のはもちろん比較的安全度の高い字牌2枚も残します。
消去法で、最も価値の低いの塔子を落とすことにしました。

断トツトップに放銃は「罪」

さて、今回の記事のお題は「金持ちと喧嘩するな!」です。
つまり、断トツに放銃するな、という事です。

ここからは、断トツと勝負することの無意味さについて解説していきたいと思います。

 

ではここで問題です!

先ほどの手牌が進行して、

 チー チー

このような聴牌をしたとします。ここで、

A.ラス目の親からリーチがかかる
B.トップ目の上家からリーチがかかる
(ただし現物はの1枚のみ)
この2パターンであなたはどちらが嫌ですか?

 

 

どっちも嫌!というあなた、大正解です!笑
ただ、それでは問題にならないのできちんと比較してみましょう。

まず前提として、現物が1枚のみという事で、いやいやながらリーチに押すことにします。
その際のリスクリワードを考えてみましょう。

ラス目の親からのリーチに押すリスクリワード

①リスク
・ラス目の親への放銃リスク

②リワード
・2000点+供託1000点+本場600点で3600点の加点
・ラス目の親リーチを潰す

断トツの上家からのリーチに押すリスクリワード

①リスク
・上家への放銃リスク

②リワード
・2000点+供託1000点+本場600点で3600点の加点

 

ラス目のリーチに対して押してあがれた時は、加点以外に「ラス目のリーチを潰す」という大きなリターンがあります。
しかし、断トツのリーチに対して押してあがれても、加点のリターンしかありません。

 

さて、さらにもう一つ比較してみましょう。
それは、それぞれのリーチにベタオリした時のリスクリワードです。

ラス目の親からのリーチにベタオリするリスクリワード

①リスク
・ラス目の親のツモによる失点
・ノーテン罰符

②リワード
・ラス目の親に振り込まない

断トツの上家からのリーチにベタオリするリスクリワード

①リスク
・上家のツモによる失点
・ノーテン罰符

②リワード
・上家に振り込まない
上家がつもればラス目が親かぶりで点差が開く、親番が流れる

 

注目すべきはトップ目にベタオリした時のリワードです。
リスクであるはずの被ツモが、むしろ好都合なのです。

こうしてリーチに対して押した時・ベタオリした時のリスクリワードを整理してみると、はっきりすることがあります。
それは、断トツのリーチにはオリ得という事です。
押してもリターンが少なく、オリてもリターンが見込めるからです。

 

天鳳では「ラス目のリーチに勝負するな」というセオリーがあります。
これは、ラス目に放銃すれば自分とラス目の点差が大きく縮まり、ラス率が高くなるためです。

しかし、断トツのリーチの勝負するのは、ラス目のリーチに勝負するよりもリスクリワードが見合っていない。
これでは、断トツのリーチに放銃するのは「罪」と言ってもいいでしょう。

 

この事が頭に入っていれば、トップ目のあの早そうな捨て牌を見て、オリ気味に進行するのも一つの手だと思いませんか?

まとめ

以前、「ラス目の時は仲間を作れ!」という戦略をご紹介しました。
その時ご紹介した牌譜は、断トツの親が3着目のリーチに対して追いかけリーチをするというものでした。

その時ラス目だった私は、3着目がトップ目に放銃してラス争いの仲間ができる事を祈っていたわけです。
今回の断トツと勝負するな!という戦術は、この3着目のようになるな、という事です。

断トツと勝負して喜ぶのは、他家の2人です。
目先の聴牌や点棒にとらわれず、無駄なリスクを負う局面を減らすことを心がけましょう!

コメント