【天鳳攻略】断トツなら早いガラクタリーチを打て!

天鳳攻略
スポンサーリンク

今回も私の天鳳の牌譜から、実戦に役立つ戦術をご紹介していきます。
今回のテーマは、断トツの時の立ち回りです。

今回の牌譜

今回の牌譜はコチラ

場面は南2局4本場。
点棒状況は、以下の通り。

①自身(北家):49600点
②下家(親):20400点
③上家(西家):16400点
④対面(南家):11600点

自身は49600点持ちで断トツです。
2着目の親番で、3巡目に役なしドラなしの愚形聴牌が入りました。

さて、今回も皆さんに問題です!
皆さんはリーチしますか?トリダマにしますか?聴牌外しますか?

私の選択はもちろん!

「ガラクタリーチ」しました!
今回はこの思考について解説したいと思います。

この局のテーマ

まずは、この局のテーマについて考えてみましょう。
とはいえ、断トツなのであまり考えることはありません。

やるべき事は一つ。
残り3局を潰していく事。

言い換えれば、親番を一つずつ流していく事です。

局が進めばどんどん有利になるので、差し込みやアシストなども使って、親にだけにはあがらせない状況を作っていく事が重要になります。

リーチされた時の他家の思考

このリーチを受けての他家の気持ちを想像してみましょう。

親(2着目)

・トップ目で3巡目リーチとかバカヅキかよ!
・最後の親番だし、アガリに行きたい!
・とはいえトップとは3万点近く離れていて、トップ浮上の見込みは薄い
・トップ目に放銃してラス争いに巻き込まれるのが一番損

→オリ気味に進めて、粘るのも厳しそうならおりよう
ドラがすぐ重なったりして本手になれば押し返そう

上家(3着目)

・トップ目で3巡目リーチとかバカヅキかよ!
・競っている2着目の親番が流れるならぜひトップ目あがってくれ!
・万が一にも放銃したらラス目に落ちる可能性もある

→べたおり!
1枚も押さずに聴牌した時だけ考えよう

対面(ラス目)

・トップ目で3巡目リーチとかバカヅキかよ!
・現状ラス目でアガリに行ける局はあがりたい
・とはいえここで放銃すると残りの2局は更に厳しくなる
・2着目の親が親かぶりするなら、点差は縮まる

→オリ気味に進めて、粘るのも厳しそうならおりよう
ドラがすぐ重なったりして本手になれば押し返そう

 

こんな感じでしょうか。
共通して言えるのは2つ。

1つ目は、トップ目に勝負するのはあまり見合わない、という事。

金持ちと喧嘩するな!」の記事でも紹介しましたが、断トツに勝負するのは非常に損です。
しかも今回は3巡目と非常に早い巡目。
この時点で手が整っている人って、そうそういませんよね。

そうなれば、他家は相当オリに回る可能性が高くなります。
つまり、断トツの早いリーチは一人旅になりやすいのです。

一人旅は、麻雀において最も期待値の高い瞬間の一つです。
流局しての聴牌or自分のアガリという、その局のプラスが確定している状態だからです。
親リーチが非常に有効なのも、このためですね。

そして、断トツであれば親でなくても一人旅になりやすい。
これなら、「断トツならとりあえずリーチ」でも差し支えないと言っても過言ではありません。

他家からの押し返し

さて、では本当に断トツなら全てリーチで差し支えないのでしょうか。
もちろんそんな事はありません笑

先ほど想像した他家の気持ちの共通点の2点目。
それは、「危険牌を切らないで聴牌する」or「打点がある」なら押し返すという部分です。

いくら断トツと勝負するのは損とはいえ、リーチが入った巡目にドラ3の両面聴牌が入れば、勝負する価値はありますよね。

実際、一人旅になりやすいとはいえ、大体一人くらいは押し返してくるのが常です。
一人くらいはドラが固まっているので、まあ当然といえば当然です。

自分は役なしドラなし愚形のガラクタリーチで、本手の奴だけ押し返してくるなんて損じゃないか!
満貫放銃したらどうするんだ!

と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それでもこの状況ならリーチを打った方が得です。
理由は以下の2点です。

巡目が早い

今回のケースは3巡目ですが、巡目が早ければ早いほど形が整っていたり、ドラが固まったりしている可能性が低くなります。

逆に巡目が遅くなれば遅くなる程、その可能性は高まります。
このため、断トツでガラクタリーチを打つのは
「巡目の早い先制リーチ」
の時のみです。

8巡目位にガラクタリーチを打って、親に追いかけられて親満を放銃しても文句を言わないようにしましょう笑

局のテーマは親流し

巡目が早いほど、他家の手牌進行が進んでいないのは事実です。
しかし、それでも可能性は0ではなく、押し返しが来る事は当然あります。

自身の手はガラクタリーチです。
ガラクタリーチで怖いのは、やはり他家の押し返しですよね。

しかし、断トツの時に限り、押し返しはそこまで怖くありません。
なぜなら、この局のテーマが「親流し」だからです。

親さえ流れればいいので、親ではない対面・上家のアガリはむしろ歓迎するべき状況です。
このため、もし対面・上家が追いかけリーチしてきて満貫を放銃したとしても、最低限の親流しはできるのです。

これが、断トツでこそガラクタリーチを打ちやすい理由です。
満貫放銃してもまだ自身の点棒が4万点以上あるのであれば、優位は動きません。

むしろ子供に追いかけリーチされたら、
「これで流石に親はおりるだろう」
と喜びましょう。
(放銃したら切り替えて次の局に思考を傾けましょう!笑)

まとめ

私の好きな麻雀漫画、天牌の名言の一つにこんなものがあります。

「時には相手の手牌に蓋をしちまうのもリーチの持ち味だろ」

麻雀は心理的駆け引きのあるゲームです。
リーチの強みの一つは、聴牌を相手に教えることによって相手にオリという選択肢を強要する事にあります。

親番やラス目の時と同じように、断トツの時もまた、リーチは相手への強力な抑止力となります。

是非皆さんも、有効な時にガラクタリーチを打って相手の手牌に蓋をしましょう!

コメント